トップページ > 飛ぶ【考察_立体機動】

飛ぶ【考察_立体機動】

【立体機動装置】という機械を使うと、ワイヤー噴射!→壁に引っ掛ける!→反動で飛ぶ!!ことができます♪
ここでは引用させていただいたサイト様の情報をもとに【立体機動装置で飛ぶ仕組み】を考察してみます♪

引用させていただいたサイト一覧

【1-目的】立体機動装置で空を飛びたい!!まずはイメージを♪

サンプルイメージ

【立体機動装置で空を飛びたい!!】

って考えたことありませんか?フックを壁に引っ掛けて空を飛ぶ!!

進撃の巨人を観たときに一番印象に残っているシーンなんです!!

【これ!これ!このシーン!!】

という方も多いと思います♪

では、この【立体機動装置】の簡単な仕組みについて〜

飛ぶ【考察_ほうき】のページでもチョロットふれましたが、

飛ぶためには・浮力(浮かぶ)と推進力(進む)が必要になります。

以下に簡単にまとめますね♪

  • 【立体機動装置】→対巨人用の歩兵用兵装(戦場における兵士の相棒)
  • 【浮力】→アンカーを射出→打ち込み→ブランコのように振り子にしたり急な時は巻き上げることによって移動する
  • 【推進力】→カードリッジ式のガスボンベ→ファンに直接吹きかけられて回転→ガスの噴射によってワイヤーアクションや移動の加速を可能にしている
ページトップへ戻る

【2-調べてみた】大きなブランコ?

サンプルイメージ

まずは【立体機動装置】での移動方法について調べてみました♪

アンカーが付いたワイヤーの射出機が腰ベルトの左右に付けられている!!

このワイヤーを打ち出してアンカーを壁や巨人の体に突き立てる!!

アンカーは壁や木や巨人に刺さるよ♪ビュ〜ン

サンプルイメージ

アンカーには返しがついている!!

中に操作用の芯が一本入っている、それをねじるか引くかすると外れる!!

その反動で・・・空を飛べる!!ビュ〜ンビュ〜ン

サンプルイメージ

ワイヤーを高速で巻き取ることによって素早い空中移動が可能!!

人の体を二本のワイヤーで吊り下げ、ブランコのように大きく振れては飛び回るといった仕組み!!

立体機動装置って・・・作れるの?う・・う〜ん

サンプルイメージ
     

立体機動を行うための推進装置は明らかに化学ロケット!!

     

     

     

立体機動に必要な科学ロケットの質量比は、最終速度と推進力(この場合、圧縮された気体ガス)排気速度の比の指数関数!!

     

     

     

よって、相応の最終速度を出すために必要な【立体機動装置】の重量は中和剤込みで250kgぐらいになってしまうらしいです。

     

・・・250kg・・・重過ぎます(T_T)

     

     

ページトップへ戻る

【3-結論】ようは・・・

サンプルイメージ

必要なのは【あきらめない心】です♪

立体機動装置はムリでも・・・似たような体験はできますよ!!

京都府福知山市にある巨大な【ブランコ】

みわ・ダッシュ村という施設にあります♪

ちなみに【入場料:無料】【ドッグラン:1日500円】【巨大ブランコ:1日500円】です♪

このブランコなら1日500円で体験できます♪

よかったら皆さんも行ってみてください♪

次は【まじめに】飛行機の飛ぶ原理を紹介します♪

飛行機で飛ぶ!!飛ぶ【考察_飛行原理】

ページトップへ戻る
Copyright(C) 美容室・エステ用HTMLテンプレート no.002 All Rights Reserved.